ニュースで学ぶ現代英語 24/2/13(火) -関連記事-外国人労働者 200万人超える


ニュースで学ぶ現代英語 24/2/13(火) -関連記事-外国人労働者 200万人超える
Number of foreign workers in Japan hits record high at over 2 mil.
Friday, Jan. 26, 16:31

The number of foreign workers in Japan exceeded the 2 million mark for the first time ever last year.
The labor ministry on Friday released the latest result of its annual survey on employment of foreign workers.
The ministry said that as of the end of last October, the number of foreign workers in the country was 2,048,675 — up more than 220,000, or 12.4 percent, from the previous year. The figure marked a record high for the 11th straight year.
By nationality, Vietnamese workers topped the list at 518,364, accounting for over a quarter of the total, followed by Chinese nationals at 397,918 and Philippine nationals at 226,846.
The number of Indonesian workers had the highest growth year on year, at 56 percent, followed by those from Myanmar at 49.9 percent and Nepal at 23.2 percent.
By residency status, 615,934 workers were ethnic Japanese or spouses of Japanese nationals, accounting for the largest group. There were 595,904 skilled professionals such as engineers and researchers, and 412,501 technical trainees.
Most of the foreign workers, or 552,399, were employed in the manufacturing sector, 320,755 in the service sector and 263,555 in the wholesale and retail sectors.
Labor ministry officials say growth in the number of foreign workers is high in sectors apparently hit by labor shortages, including construction and healthcare. They also say the overall rate of growth is now recovering to pre-pandemic levels.

日本の外国人労働者数は200万人を超え、過去最高を記録。
1月26日金曜日、16:31

日本で働く外国人労働者の数は昨年、初めて200万人の大台を超えた。
労働省は金曜日、外国人労働者の雇用に関する年次調査の最新結果を発表した。
同省によると、昨年10月末時点で国内の外国人労働者の数は204万8,675人で、前年比22万人以上(12.4%)増加した。 11年連続で過去最高を更新した。
国籍別では、ベトナム人が51万8,364人でトップとなり全体の4分の1以上を占め、次いで中国人が39万7,918人、フィリピン人が22万6,846人となった。
前年比で最も増加したのはインドネシア人労働者で56%、次いでミャンマー人労働者が49.9%、ネパール人労働者が23.2%となった。
在留資格別では、日系人または日本人の配偶者が61万5,934人で最多となった。 技術者や研究者などの熟練専門家は59万5,904人、技能実習生は41万2,501人だった。
外国人労働者の大部分(55万2,399人)は製造業、32万755人がサービス業、26万3,555人が卸売・小売業に従事していた。
労働省当局者らは、建設業や医療など労働力不足に見舞われていると思われる分野で外国人労働者の数の伸びが高いと述べている。 また、全体的な成長率は現在、パンデミック前の水準に回復しつつあるとも述べている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です