ニュースで学ぶ現代英語 24/2/12(月) -関連記事-“人類最後の日まで1分30秒”


ニュースで学ぶ現代英語 24/2/12(月) -関連記事-“人類最後の日まで1分30秒”

Doomsday Clock marks ‘unstable’ world
Wednesday, Jan. 24, 8:08

The Bulletin of the Atomic Scientists says the world is as close as it has ever been to self-annihilation. It has left its Doomsday Clock set at 90 seconds to midnight.
The group made the announcement on Tuesday in Washington.
The clock was created 77 years ago by Albert Einstein and J. Robert Oppenheimer, among others, to warn people about the threats from nuclear weapons.
Last year, the group cited “unprecedented danger” from the war in Ukraine, with Russian leaders threatening to use nuclear arms. It set the clock to the closest it has ever been to midnight.
The group says the level of risk has not changed. However, it points to other potential nuclear crises, including one stemming from North Korea. Rachel Bronson, the president and CEO of the Bulletin of the Atomic Scientists, says the country is becoming “more belligerent and aggressive.”
Bronson added that the fighting between Israel and Hamas has the potential to escalate into a “broader conflict.”
She pointed to what she described as other “existential threats,” including climate change and artificial intelligence. She said it is important that people express their views so leaders take steps to keep them safe.

終末時計は世界が「不安定」であることを示す
1月24日水曜日、8時08分

『Bulletin of the Atomic Scientists』によれば、世界はかつてないほど自己消滅に近づいているという。 終末時計は午前0時までの90秒に設定されたままになっています。
同グループは火曜日にワシントンで発表した。
この時計は、核兵器の脅威について人々に警告するために、77 年前にアルバート・アインシュタインと J. ロバート・オッペンハイマーらによって作成されました。
同団体は昨年、ロシア指導者らが核兵器使用をちらつかせているウクライナ戦争による「前例のない危険」を挙げた。 それは時計をこれまでで最も真夜中に近づけた。
同団体は、リスクのレベルは変わっていないとしている。 しかし、北朝鮮に起因するものを含め、他の核危機の可能性も指摘している。 ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティストの社長兼最高経営責任者(CEO)であるレイチェル・ブロンソン氏は、この国は「より好戦的で攻撃的」になっていると語る。
ブロンソン氏は、イスラエルとハマスの戦闘は「より広範な紛争」にエスカレートする可能性があると付け加えた。
彼女は、気候変動や人工知能など、他の「実存的脅威」と表現したものを指摘した。 彼女は、人々が自分の意見を表明し、リーダーが人々の安全を守るための措置を講じることが重要であると述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です