ニュースで学ぶ現代英語 24/6/25(火)-予習-合計特殊出生率 1.20で過去最低


ニュースで学ぶ現代英語 24/6/25(火)-予習-合計特殊出生率 1.20で過去最低
初回放送日:2024年6月25日

JAPAN’S TOTAL FERTILITY RATE HIT RECORD LOW IN 2023
Japan’s total fertility rate hit record low in 2023

We start with some worrying figures from Japan’s government. The latest data shows the country’s total fertility rate has been on the decline for eight straight years.
The number of children a woman is expected to have during her lifetime fell to 1.20 in 2023. It’s the lowest it’s been since records began in 1947.
The total fertility rate dropped in all prefectures. Tokyo posted the lowest figure of 0.99, and Okinawa had the highest rate of 1.60.
The number of Japanese babies born last year was the lowest since records began in 1899.
Health ministry officials said the declining birth rate is critical. They pointed out that the period before 2030 will be the last opportunity to reverse the trend, as the young population is expected to drop sharply after that.
(2024年6月5日のニュース)
latest
fertility rate
decline
post
decline
birth rate
critical
reverse
trend

日本の合計特殊出生率、2023年に過去最低に
日本政府が発表した憂慮すべき数字から始めよう。最新のデータによると、日本の合計特殊出生率は8年連続で低下している。
女性が生涯に産むと予想される子どもの数は、2023年には1.20人にまで減少する。これは1947年に記録が始まって以来最低である。
合計特殊出生率はすべての都道府県で低下した。最も低かったのは東京都の0.99で、最も高かったのは沖縄県の1.60だった。
昨年生まれた日本人の赤ちゃんの数は、1899年の記録開始以来最低だった。
厚生省の役人は、出生率の低下は危機的な状況だと述べた。2030年以降は若年人口が激減すると予想されているため、2030年までの期間が傾向を逆転させる最後のチャンスになると指摘した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です