ニュースで学ぶ現代英語 24/6/17(月) -予習-茨城 “嫁入り舟”に祝福


ニュースで学ぶ現代英語 24/6/17(月) -予習-茨城 “嫁入り舟”に祝福
初回放送日:2024年6月17日

OLD-FASHIONED RIVERSIDE WEDDINGS REVIVED NEAR TOKYO
Visitors to a riverside garden near Tokyo enjoyed an old-fashioned wedding ceremony procession on a boat amid irises in full bloom.
The Suigo Itako Iris Festival is being held in Itako City in Ibaraki Prefecture. The revived tradition has become a highlight of the annual festival. On Saturday, a boat carrying a bride set out as visitors watching from the riverside applauded.
The area is surrounded by lakes and rivers where boats were once used as a daily form of transportation. Until the 1960s, brides in white wedding kimonos could be seen in rowboats heading to meet their bridegrooms.
(Visitor)
“The ceremony was so beautiful. I was moved to tears.”
(Miyamoto Michiko / Bride)
“It was a valuable experience that so many people congratulated us. It was a very happy day.”
(2024年6月2日のニュース)

procession
irise
applaud
bride
bridegroom

東京近郊で復活した昔ながらの川辺の結婚式
東京近郊の川沿いの庭園を訪れた人々は、満開の花菖蒲の中、昔ながらの船上結婚式を楽しんだ。
茨城県板子市で開催されている「水郷板子花菖蒲まつり」。復活したこの伝統行事は、年に一度の祭りのハイライトとなっている。土曜日には、花嫁を乗せた船が出航し、川辺から見守る観光客から拍手が送られた。
この地域は湖や川に囲まれており、かつては舟が日常の交通手段として使われていた。1960年代までは、白い花嫁衣装の花嫁が手漕ぎボートで花婿を迎えに行く姿が見られた。
(訪問者)
「式はとても美しかった。感動して涙が出ました。”
(宮本みち子/新婦)
「たくさんの方に祝福していただき、貴重な体験ができました。とても幸せな一日でした。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です