ニュースで学ぶ現代英語 24/6/20(木)-予習-“晴海フラッグ” 2割近く賃貸や転売に


ニュースで学ぶ現代英語 24/6/20(木)-予習-“晴海フラッグ” 2割近く賃貸や転売に
初回放送日:2024年6月20日
20% OF TOKYO ATHLETES VILLAGE CONDOS UP FOR RENT, RESALE
Officials in Tokyo had big plans for the athletes’ village built for the 2020 Olympics. They wanted to convert the village after the Games into affordable housing. But an NHK investigation has found corporations have bought up some of the units, putting them beyond reach for families.
NHK looked into register records of the waterfront housing district called Harumi Flag. It found companies bought nearly 500 of the some 2,700 units for investment and other purposes.
Resale units were offered at one-and-a-half to two times the original price. One priced at about 700,000 dollars was purchased for more than double that figure.
An expert says precious land set aside for Tokyoites has been used to make money.
(Nozawa Chie / Professor, Meiji University)
“It’s a serious problem the residential towers are too pricey for ordinary people who want to live there.”
(2024年5月30日のニュース)

convert
affordable
look into
Tokyoites

東京選手村のコンドミニアムの20%が賃貸・転売可能に
東京の関係者は、2020年のオリンピックに向けて建設された選手村に大きな計画を持っていた。彼らは大会後に選手村を手頃な価格の住宅に変えようとしていた。しかし、NHKの調査によると、企業がいくつかの住宅を買い占め、家族連れには手の届かないものになっていることがわかった。
NHKは「晴海フラッグ」と呼ばれる臨海住宅地の登記記録を調べた。その結果、約2700戸のうち500戸近くを企業が投資などの目的で購入していることがわかった。
再販される住戸は元の価格の1.5倍から2倍で提供されていた。約70万円のものが、その倍以上の値段で買われていた。
都民のために確保された貴重な土地が、金儲けのために利用されていると専門家は言う。
(野沢知恵/明治大学教授)
“住宅用タワーが、そこに住みたい普通の人々にとって価格が高すぎるのは深刻な問題だ”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です