ニュースで学ぶ現代英語 24/5/17(金)-予習-熱中症特別警戒アラート 運用開始


ニュースで学ぶ現代英語 24/5/17(金)-予習-熱中症特別警戒アラート 運用開始

JAPAN INTRODUCES SPECIAL HEATSTROKE ALERT
Japan’s warning system to prevent heat-related illness has begun operations for this year, as the country gears up for what could be another intensely hot summer. It includes a new special alert against heatstroke.
The alert will be issued in prefectures where the so-called Wet Bulb Globe index is estimated at 35 or higher at all observation points. Japan has never before recorded that kind of dangerous heat and humidity, which could cause serious damage to people’s health across a wide area.
Prefectures where the Special Heat Stroke Alert is issued will need to take action, including opening pre-designated “cooling shelters.” Schools, businesses, and event organizers will also be required to take steps to protect people from heatstroke. That includes canceling events and keeping people home if there’s no way to keep them cool.
(2024年4月24日のニュース)
warning
prevent
heart-related
gear up
intensely
include
heatstroke
alert
issue
so-called
estimate
humidity
cause
take action
pre-designed
take steps to –

日本が熱中症特別警報を導入
今年も猛暑が予想される中、熱中症予防のための警報システムが運用を開始した。熱中症に対する特別警報が新たに導入された。
この警報は、いわゆる湿球グローブ指数がすべての観測地点で35以上と推定される都道府県に発令される。このような危険な高温多湿を日本が記録したことは過去になく、広範囲にわたって人々の健康に深刻な被害をもたらす恐れがある。
熱中症特別警報が発令された都道府県は、あらかじめ指定された “冷却シェルター “を開設するなどの対応が必要となる。また、学校、企業、イベント主催者は、熱中症から人々を守るための措置を講じる必要がある。これには、イベントの中止や、涼しくする方法がない場合は家に閉じ込めておくことも含まれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です