Enjoy Simple English 24/6/21(金) The Mysterious Traveler/ Episode Three あやしい旅行者/第3話


ブログ記事の抜粋
Enjoy Simple English 24/6/21(金) The Mysterious Traveler/ Episode Three あやしい旅行者/第3話
Let’s dive into the story.

Don’t forget to come back on Monday.

lead the chase
追跡の先頭を行く
distance
距離
shorten
短くなる、 縮む
bush
低木、低木の茂み
field
野原
edge
へり、端
come up with –
〜を思いつく
make sure-
必ず~するようにする
exit
出口
drive – out
~を追う追い立てる
pistol
拳銃、ピストル

私は警察官2人を後部座席に乗せ、署を後にした。私は安全だった!私は警察官から逃れる方法を見つけるだろう。その前に、泥棒を見つけなければならない。
ノルマンディーの古い街並みをドライブするのは気持ちがよかった。木々はまるで私が自由であるかのように通り過ぎていった。アルセーヌ・ルパンは捜索中だった!
警察官はとても親切だった。彼らがいなければ、私は何度も道を間違えていただろう。しかし、終わりは近づいていなかった。旅行者から書類を取り戻さなければならなかったし、それを警察に見られたくなかった。もちろん、その書類を警察に見られたくなかった。簡単にはいかなかった。
列車が出発して3分後にダルネタール駅に着いた。グレーのオーバーコートを着た男がアミアンの切符を買っていたことがわかった。予想通りだった。私の刑事デビューは順調だった。
警察官の一人が私に言った、
「彼は急行列車に乗ったようで、次の停車駅は19分後です」。
「その駅はどのくらい遠いんですか?
「23キロです」
「23キロで19分。そうだ、列車より早く着くだろう」。
目的地まで車を走らせると、景色が目の前を通り過ぎていった。キロの間、私たちは並んで列車と競争し、勝った。やがて私たちはホームに立ち、列車がドアを開けるのを待った。しかし、旅行者の姿はなかった。
「大変だ!私を見て列車から飛び降りたに違いない!」。
ちょうどその時、彼が線路を横切るのが見えた。私は二人の警官に続いて走り出した。警官の一人は走るのが得意だったので、彼が後を追った。警官と旅行者の距離は縮まった。それを見て、旅行者は茂みを飛び越え、野原を走り抜け、小さな森に入った。猛スピードで走ってきた警察官は、森の端で私たちを待っていた。彼は私に言った、
“私が待っていなければ、お二人は私を見つけられないと思いました”
「その通りだ。旅人は走り疲れているに違いない。
今すぐ捕まえよう!”
私はあたりを見回して、あることを思いついた。
「簡単なことだ。森の右側で一人、左側で一人待つのだ。旅人が逃げないように、両側から見張っていてくれ。私はもう一方の森の出口を見張ります。もし彼が出てこなければ、私が森に入り、あなた方のどちらかの方へ彼を追い出す。忘れるところだった!もしあなたが必要なら、私はピストルを空中に撃ちます」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です