Enjoy Simple English 24/6/14(金) The Mysterious Traveler/Episode Two あやしい旅行者/第2話


ブログ記事の抜粋
Enjoy Simple English 24/6/14(金) The Mysterious Traveler/Episode Two あやしい旅行者/第2話
Hey, how’s your day going?
Lupin, The Gentleman Thief- ールパン~怪盗紳士へ
Let’s dive into the story.

leave my wrists tied
私の手首を縛られたままにしておく
jewel
宝石
Never.
まさか。
That is up to you.
それはあなた次第です。
attack –
〜を攻撃する
run away
逃げる
soft hat
中折れ帽
overcoat
オーバー(コート)
take you seriously
あなたのことを深刻に受け止める
chase –
〜を追いかける
that way
そうすれば
tunnel
トンネル
hard felt hat
山高帽
point to -,
~を指さす
match
一致する
breathe
息をする、 呼吸する
What about -?
〜についてはどうするのか。
thief
泥棒
unfamiliar
慣れていない、 よく知らない
investigation
搜查
I could not help saying~
私はどうしても~と言わずにいられなかった
Darnétal
ダルネタル(フランス北部の地域〈コミューン〉)
Amiens
アミアン(フランス北部の地域 〈コミューン〉)
timetable
(乗り物の) 時刻表
regret -ing
~したことを後悔する
clever
賢い
doubt
疑い
fortunately
幸いなことに、 幸運にも
confused
困惑した
smart
利口な、賢い
arrest –
~を逮捕する

その女性はすぐに目を覚まし、私の口から布を取り上げた。私は手首を縛ったままにしてほしいと頼んだ。警察に見せるべきだと思ったからです。彼女は言った、
「アルセーヌ・ルパンがこの列車に乗っていると言ったでしょう。今、彼は私の宝石を持っているのよ」。
「心配しないで。警察が捕まえてくれるわ」。
「ルパンを捕まえる? 決して捕まえることはできません。
「でも、それはあなた次第です。よく聞いて。列車が駅に着いたら、警察を呼んでください。そして、彼が私を襲って逃げたと伝えなさい。
ルパンはソフト帽をかぶっている。忘れないでください、ルパンは柔らかい帽子をかぶり、グレーのオーバーコートを着ています」。
「そのオーバーコートはあなたのものでした。
“まったく。私は持っていなかった。それと、ご主人の仕事のことも話しておいてください。真剣に聞いてくれますよ」。
「わかりました、他には?」
「私はご主人の友人だと言ってください。その方が早くルパンを追いかけることできるでしょう。私はギヨーム・ベルルと申します。」
彼女は列車が止まる前に助けを求めた。彼女が言ったことが重要になります。一人の警官が彼女に尋ねた、
「ルパンは今どこにいるんですか?
「トンネルで列車から飛び降りました」。
「本当に彼なんですか?」
「そうです!柔らかい帽子をかぶっていました」。
「いいえ、パリの駅では、彼と同じような硬いフェルトの帽子をかぶっていました」そして私を指差した。
「いいえ、間違いありません。彼はソフト帽をかぶり、グレーのオーバーコートを着ていました」。
「オーケー、オーバーコートは我々の報告書と一致する。
私はまた自由に息をすることができた。彼女は私が望んだとおりのことをしてくれた。さて、私は逃げなければならない。でも、あの泥棒は?彼は私から盗んだ!慣れない街で彼を追いかけるのは難しいゲームだったが、やるしかなかった。私は警察官に話しかけた、
「捜査を手伝わせてください。私は車を持っています。
「ありがとうございます。でも今、2人の男が自転車でトンネルの入り口に向かっています」。
私は言わずにいられなかった、
「何も見つかりませんよ」。
「本当に?
「ルパンは今、ダルネタール駅の近くにいます。10時50分、つまり今から22分後、彼はアミアン行きの列車に乗るでしょう」。
「どうしてわかるんですか?」
「簡単なことです。彼は飛び降りる前に私の時刻表を見ていたんです。なぜかって?別の路線を探していたからです」。
「それは素晴らしい考えだ」
私は今、自分の賢さを見せたことを後悔した。警察官は驚きと、もしかしたら少しばかりの疑念を持って私を見ていた。幸いなことに警察官に配られたアルセーヌ・ルパンの写真は私とは似ても似つかぬものだった。しかし、彼らは混乱し、何かがおかしいと感じた。
「ああ、自分でも驚いている。財布をなくしたことで、私は賢くなった!あなたの部下と一緒に彼を探しに行かせてくれるなら….」。
その時、婦人が絶妙のタイミングで口を開いた。
「ああ、ベルラットさんの言うことを聞いてください」。
その婦人は今や私の素晴らしい友人だった。彼女の言葉に警察官は言った、
「彼の協力があればうれしい。 私もアルセーヌ・ルパンを逮捕したいのです」。

But don’t forget to come back on Monday.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です