Enjoy Simple English 24/6/13(木) The Goose and the Golden Egg. 金の卵を産むがちょう


ブログ記事の抜粋
Enjoy Simple English 24/6/13(木) The Goose and the Golden Egg. 金の卵を産むがちょう
Wisdom from the West- 古典が語る西洋の知恵

goose
がちょう
nest

laid
lay (〈卵〉を産む)の過去形
much heavier
ずっと重い
piece of metal
金属のかたまり
play a trick on -,
〜にいたずらする
anyway
とにかく
lay –
(卵)を産む
with a smile on his face
(彼が) にこにこして
magical
不思議な、 神秘的な
cut – open
~を切開する
run to -,
~へ走っていく・駆け寄る


Those who have plenty want more and so lose all they have.
二兎を追う者は一兎をも得ず。欲張るといい事はない。

Someone must be playing a trick on me.
だれか僕にいたずらをしているに違いない。
He who chases two hares will catch neither.

いたずらをしちゃった
I tricked him.
I tricked her.
You know.
Okay, see you tomorrow.


それは美しい春の日だった。ある農夫がガチョウの巣に卵を取りに行った。グースは1日に1個卵を産むので、彼は毎日そうしていた。
その日、彼は巣の中に輝く黄色い卵を見つけた。農夫は驚いて言った、
「うーん、今日の卵はいつもと違うな。どうしてこんなに黄色く光っているんだろう?
卵を手に取ると、いつもよりずっと重かった。まるで金属片のように重い。農夫は思った、
「誰かがいたずらをしているに違いない。ガチョウの卵は黄色くないし、重くもない。とにかく、家に持って帰ろう」。
家に帰ると、彼は卵を注意深く見た。そして、その日2度目の驚きを覚えた。
「ああ、知ってる!この卵が黄色くて重いのは、金でできているからだ!」。
農夫はとても喜んだ。その夜、農夫は幸せな気持ちで眠りについた。 次の日が楽しみだった。
「明日、ガチョウの巣に行くのが待ちきれないよ。ガチョウがまた金の卵を産んでくれるといいな…」。
翌朝、農夫はガチョウの巣に行き、また金の卵を見つけた。農夫は笑顔で言った、
「信じられない!僕はお金持ちになれるんだ!”
魔法のガチョウは毎日金の卵を産み続けた。 そして毎日、農夫は市場で金の卵を売った。 やがて農夫は金持ちになった。
農夫はしばらく幸せだった。しかし、彼は考え始めた、
「もっとお金持ちになりたい。でも、ガチョウは1日に1個しか卵を産まない。 一日に一個しか金の卵を売らないのでは、すぐに金持ちにはなれない。ガチョウはもっとたくさんの卵をくれるはずだ。
農夫は不機嫌になった。彼は考え込んだ。そしてある日、思いついた。
「そうだ!ガチョウを殺して、切り開いてしまおう。そうすれば、金の卵を一度に全部手に入れることができる!」。
農夫はガチョウの巣に駆け寄り、ガチョウを殺した。 彼はガチョウを切り開き、中を見た。彼は考えた、
「金の卵はいくつあるのだろう?
しかし、一個も見つからなかった。農夫は泣いて言った、
「もっと卵がほしかったのに、卵もグースもない。
たくさん持っている人は、もっと欲しくなる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です