ラジオビジネス英語 24/7/11(木) L56 コミュニケーション上の誤解を解く


ブログ記事の抜粋です。
ラジオビジネス英語 24/7/11(木) L56 コミュニケーション上の誤解を解く
I’m Jenny Silver. Welcome to business English for global competence.
Yes, let’s learn how to communicate effectively in business.
Let’s learn how to write emails in English together.
L56 コミュニケーション上の誤解を解く
-Today’s Email ミーティングでの誤解をわびる
健はビジネスパートナーのアンソニーに、 ミーティングで生じた誤解をおわびするメールを送ります。
(Ken sends an email to his business partner Anthony apologizing for the misunderstanding that occurred at the meeting.)
Point to Check
健は今後の対応策をどのように提案していますか?
(How does Ken propose to address this issue in the future?)


misunderstanding
apologize
arose, arise 生じる
prevent
attach
ensure
clarity


日本語のメールなら 「よろしくお願いします」 ですむところですが、 英語のメールでは具体的なひと言で締めます。
全体として、おわびはサラッとひと言述べる程度にとどめて、 今後の対応策を盛り込むよう意識しましょう。
(In Japanese, this would be a simple “thank you,” but in English, you should end your message with a specific word or phrase.
As a whole, be aware that your apology should be limited to a brief word of apology, and include a description of how you will handle the situation in the future.)

You did it.

-健のおわびのメールに対して、アンソニーから返信が来ます。
(Anthony replies to Ken’s e-mail of apology.)
-Your Turn 日本語の部分を英語でどう表現するか、考えてみましょう。
Hi Ken
Thank you for your email. We wholeheartedly support your proposal.
There’s no need for you to apologize. Q) 誤解というのは双方の責任から生じるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です