最近、細川さんが言っておられのは、「智海」ちかい

最近、細川さんが言っておられのは、「智海」ちかい

丹後国一宮の籠神社。海岸に大きな灯籠が立ち、三蹟の一人、小野道風の筆と伝わる「正一位籠大明神」の扁額(現存)を掲げた両部鳥居や、朱塗りの社殿が描かれている。右手前は、文明5年(1473)に一宮供僧・智海が守護一色義直を大檀那として開いた「大聖院」。

周辺には「忘橋(高橋?)」や「忍橋」といった石橋がみられる。「嶋堂」は小字が残り、現在も例祭の葵祭において大神楽や太刀振を奉納している。『智海請文』によれば、智海は長禄3年(1459)から一色義直の護持僧を務め、以後15年間に渡って義直親子の為に護摩・祈祷を施した。文正2年(1467)には大谷寺境内に板碑(現存)を建立、あわせて不動明王像(現存・黒不動)を造立し、後に大聖院に安置している。智海は神道についての造詣も深く、籠神社の縁起である『丹後国一宮深秘』の制作にも深く関わっていたと思われる。

『大谷寺と智海【ちかい】』

 現在、大谷寺は、天橋立ケーブルカー府中駅の西側から成相寺にむかう古道に沿って、静かな佇【たたず】まいをみせています。しかし、かつては籠【この】神社の神宮寺【じんぐうじ】(神社信仰と仏教信仰が融合した「神仏習合」の思想に基づいて出現した寺院)として大きな寺域を誇ったといわれ、雪舟『天橋立図』には宝塔が描かれています。また、不動明王を祀【まつ】る堂宇【どうう】を示すと考えられる「不動」の書き込みがみられ、真言密教の名刹として強く意識されたことがうかがえます。
 室町時代(1460年頃)に籠神社大聖院【だいしょういん】の住持(住職)となった智海【ちかい】は、多くの不動明王図を残し、真言密教の修験者として足跡を残しています。また、丹後国守護代の延永春信【のぶながはるのぶ】らとともに智恩寺多宝塔の建立に携わり、『天橋立図』に描かれた都市的景観の建設に関わった可能性があります。
 まさに智海は、都市計画・設計などを総合的に行う現代の「地域プランナー」のような活躍をした人物といえ、雪舟が『天橋立図』を制作した背景に、彼の存在を指摘する説もあります。
 大谷寺の境内には、智海が願主となり造られた不動明王坐像(市指定文化財)や、智海の筆跡と思われる板碑が残され、大谷寺が丹後の中世史に果たした大きな役割を偲【しの】ぶことができます。

Facebook コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です