• PCとスマホと英語と古文書のお話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012-chiri

「丹後ちりめんきものショー」が目的です。

都府与謝郡与謝野町加悦は中世以来、絹織物の産地として栄え、
江戸時代享保七年1722年からはちりめん織りの技術が京都西陣より伝えられ大きく発展しました。ちりめんの産地としてだけでなくちりめんを運ぶ物流としても発展し、街道筋には、ちりめん商家・工場・銀行・郵便局・旅館・医院・酒屋・役場・鉄道などの駅が残されています。
このように、ちりめん街道はちりめん産業によって地域を近代化した建物がおり多く保存られており、これからも伝えていきたい街並みです。

和装小物や地元特産品を販売する「ちりめん街道市」や「お茶席」、「丹後ちりめん着物ショー」なども行われます。

IMG_2091-sIMG_2158-s

IMG_2150-sIMG_2159-s

機織り機と  右の飾りは紋紙(織物の情報) 現在はフロッピーディスク

IMG_2154-s

—————-ちりめん着物 1———————-

IMG_0027-s

丹後きものクイーン

Facebook コメント


コメント一覧

返信2012年10月21日 4:53 AM

たくみの里のふく25/

おはようございます。 丹後ちりめん、世界的に有名でしょうね。 着物ショーに合わせて、お店も出ているんですね。 楽しそうです。 綺麗なお嬢さんたちの着物姿、一層華やぎますね。 まさに、クイーン。よく似合って、素敵です!(^^)!

    2012年10月21日 6:34 AM

    藤井25/

    たくみの里のふくさん、お早うございます。 嫁と二人で行って来ました^^ 着物の種類等はよくわかりませんが、 見ているだけでも和の美を感じます。 たくさん写真を取りましたので、 シリーズ写真にしたいです。 いつも、ありがとうございます。

返信2012年10月21日 6:10 AM

溶射屋25/

京丹後のおやじさん おはようございます。 そちらでは当たり前の「ちりめん」、着物にご縁がない僕としては「ちりめん」という言葉が着物に結びつかないです。 なんとなく「食べ物」を想像してしまいます(^_^;) このミュージアムに行くと色んなことを学ぶことできそうですね(^^)

    2012年10月21日 6:39 AM

    藤井25/

    溶射屋さん、お早うございます。 嫁と二人で行って来ました。 昔にタイムトラベル^^ 着物って素敵ですね。 たくさん写真を撮って来ました(^^) いつも、ありがとうございます。

返信2012年10月21日 9:44 AM

甲州市学習塾のこばやし25/

おはようございます お嬢さまと一緒にお出かけになったのですね(^^) 着物クィーンの方々、凛として美しいです シリーズでの写真紹介、楽しみにしています♪

    2012年10月21日 2:06 PM

    藤井25/

    小林先生、こんにちは。 流石にクイーンです。 綺麗です。一番左は同級生の娘さんです。 いつも、ありがとうございます。

返信2012年10月21日 10:52 AM

保険屋あい26/

こんにちは。 丹後着物クイーンをアップで見たいです(^^ )

    2012年10月21日 2:11 PM

    藤井25/

    五十嵐さん、こんにちは。 はい、分かりました。 丹後きものクイーンさんですので、 顔出しはOKだと思います。

返信2012年10月21日 11:22 AM

megane26/

こんにちは、ちりめん街道は行ったことがありますが、こんなイベントもやっておられるのですね、ポスターがクラシックな感じで、素敵です。着物姿もいいものですね、動きが制限されますが、これがまた良いのでしょう。

    2012年10月21日 2:12 PM

    藤井25/

    川口さん、こんにちは。 嫁と二人で行って来ました。 着物を来ている女性は綺麗です。

返信2012年10月21日 11:38 AM

伯爵様26/

おはようございます 萌え痛車シリーズのあとは ちりめん美人シリーズですか 楽しみです!

    2012年10月21日 2:13 PM

    藤井25/

    加藤先生、こんにちは。 丹後ちりめんシリーズです。 よろしくお願いします。

返信2012年10月22日 3:38 AM

吉野聡建築設計室25/

おはようございます。 文化や歴史、そして産業も知ることが出来る博物館 ワクワクします♪ そして、丹後ちりめんシリーズもです(^^)

    2012年10月22日 11:59 AM

    藤井26/

    吉野聡建築設計室さん、こんにちは。 はい、文化・歴史等を知ることができて 楽しいです。 いつも、ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です