「上へ下への大騒ぎ」「上や下への大騒ぎ」 間違えやすい日本語 -1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラジオの放送で「上や下への大騒ぎ」とよく聞きます。

正しくは「上を下への大騒ぎ」「上にあるべきものが下にあるほど混乱を極めている」という意味です

間違っていても、みんなが使えば
認められるかも

慣用句が誤った言い回しで使われている実態
文化庁の国語世論調査
「そうは問屋が許さない」24%
「熱にうなされる」の48%

Facebook コメント

「上へ下への大騒ぎ」「上や下への大騒ぎ」 間違えやすい日本語 -1” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 伯爵様 より:

    こんにちは
    動乱の時代ですから

  2. fujii より:

    加藤先生、こんにちは。
    言葉はどんどん変わっていきます。

    「ヤバい」がいつ頃から
    いい意味になったんですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です