日本人でノーベル賞に一番近い人?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツインズの長谷部さんからfacebookで教えて頂きました。ありがとうございます。

村上春樹さん:カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文(上) – 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040017000c.html
村上春樹さん:カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文(下) – 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/enta/art/news/20110611k0000m040019000c.html

村上春樹が東電と「効率社会」批判 スペインでのスピーチ内容に賛否両論(J-CASTニュース) – 注目の社会トピックス – livedoor ニュース
http://news.livedoor.com/topics/detail/5627280/

スピーチの内容に対して、賛否の意見が寄せられている。
肯定的な意見は「原発反対について、きちんとメディアで話すことは、責任も生じるかもしれないが、やっぱり必要なことだと思う」
「脱原発を望む人たちが感じていることを村上節に翻訳してスピーチしてくれた気がする」
「しっくり来た。あと自分自身にも非難の目を向けるって視点は意外と見過ごされてるから」
「村上さんが本当に言いたいことは『効率』でなにもかもを語ってしまうことの愚かしさなんじゃないか」といったものだ。

一方で、批判的な意見や疑問も少なくない。
「『効率』だけを求めて生きてきたから、このような事故を引き起こしてしまったんだろうか。たとえそうであっても僕らは簡単に『効率』を捨てることができるのだろうか」
「彼自身が被災地にいたのなら、もっと違う角度で切り込みが出来ただろうに残念」
「そんなに発言力があるのに反原発を叫ばなかったの?」「(想定の有無や効率よりも、東電の)事後の対応のまずさも大きいのでは」
「外国で言わずに日本のマスコミの前で言ってください。インタビューを生中継で受けてその場で話して下さい」

ここで私が思い出したのは
村上春樹 「エルサレム賞」受賞スピーチ
村上春樹さんの講演要旨 – 47NEWS(よんななニュース)
http://www.47news.jp/CN/200902/CN2009021601000180.html

“Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg.”
Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg.

高く、堅い壁に、卵はぶつかっては壊れる。だから、つねに私は卵の側に立つ。
そう、いかに壁が正しかろうが、卵が間違っていようが、やはり私は卵の側に立つ

村上春樹さんはとても偉大な方です。

Facebook コメント

日本人でノーベル賞に一番近い人?” に対して 12 件のコメントがあります

  1. 溶射屋 より:

    京丹後の藤井さん

    おはようございます。

    絶対に想定外があってはならない原発に想定外が起きてしまった現実を見ると、絶対に安全ではないことを証明したように思います。

    浜岡原発に問題が起きると静岡、神奈川、山梨、関東に放射能が漏れると、、新幹線、東海道線、東名高速道路、国道1号線・・大動脈が分断してしまうかもしれないことを考えると本当に恐ろしいと思います。

    村上春樹さんがノーベル賞に近い方なんですね?

    1. 藤井 より:

      溶射屋さん、お早うございます。
      >絶対に安全ではないことを証明したように思います
      はい、そのとおりです。
      唯一の被爆国であるはずの日本が原発を推進していたんです。
      気付くのが遅すぎました。

      >村上春樹さんがノーベル賞に近い方なんですね
      ノーベル賞文学賞です。

      「ノルウェイの森」はよかったです。
      「1Q84」は・・・

      ありがとうございます。

  2. おはようございます。

    村上さん、素晴らしい方ですね。
    関係ない話ですが、甥のピアノ、村上春樹さんのグランドピアノだったんです。
    引越しばかりしている村上さんが、アップライトだった甥のものと
    交換して欲しいということで・・・
    もう30年近く前のことですけど。

    1. 藤井 より:

      たくみの里のふくさん、お早うございます。
      えっ!!
      >甥のピアノ、村上春樹さんのグランドピアノだったんです
      お知り合いですか?
      >交換して欲しいということで・・・
      家宝です。 末代まで自慢できます (*^-^)

      ありがとうございます。

  3. 伯爵 より:

    こんにちは
    村上春樹もそうだけれど京都大学の山中教授もノーベル賞にもっとも近いよね

    1. 藤井 より:

      加藤先生、お早うございます。
      そうです。
      「IPS細胞」の方が間違いなく近いです。

      昨日もfacebookでお世話になりました。

      ありがとうございます。

  4. 木仙人 より:

    おはようございます 藤井先生

    核の恐怖を語れる国民は日本人しかいませんよね
    私は一番説得力のある方が世界に発信してと思います

    ふくさんのお話、ビックリしました

    1. 藤井 より:

      木仙人さん、お早うございます。
      >核の恐怖を語れる国民は日本人しかいませんよね
      はい、そう思います。
      >ふくさんのお話
      ビックリしました。 (*^_^*)

      ありがとうございます。

  5. おはようございます

    村上春樹さんのスピーチちゃんと聞いていませんでした
    リンク先を読んできます
    ありがとうございます♪
    村上春樹さんの著書も読みますが、理解するには何度も読み直しが必要な場合が多いです
    他の本のように斜め読みはできないです^^;
    素晴らしい世界が広がっていますね

    1. 藤井 より:

      小林先生、こんにちは。
      面白い小説と
      どうかな・・・というのもあります。(*^-^)
      ノルウェーの森はよかったです。
      息子の本棚にたくさんあります。

      「卵の話、 好きなんです。」
      恰好いい!!

      ありがとうございます。

  6. おはようございます

    今回の震災はとっても大きなマイナスです!!
    しかし、日本の将来にとってプラスになることもあるのかなと思います
    その1つが、この原発のエネルギー問題
    方向転換です!!

    1. 藤井 より:

      吉野聡建築設計室さん、お早うございます。
      >日本の将来にとってプラスになることもあるのかなと思います
      唯一の被爆国が
      原発を推進していたんです。
      >方向転換です
      はい。日本の底力を見せてやりましょう。!!

      ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です