• PCとスマホと英語と古文書のお話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聖徳太子の母・間人(はしうど)皇后は大和政権の争乱を避け、今の丹後町間人(たいざ)に聖徳太子とともに身を寄せたと伝えられています。

 

203

204

194

200

202

1104222357-202

Facebook コメント


コメント一覧

返信2011年4月23日 5:40 AM

たくみの里のふく24/

おはようございます。 聖徳太子のお母様は、間人皇后さまという名前ですか、 はしうど、って、難しくて、知らないと読めないですよね。 丹後町間人(たいざ)、同じ字でも読み方が全然違って、 これも読めないでしょうね~  それにしても、随分端っこまでいらしたものですね 8-O

    2011年4月23日 6:06 AM

    藤井24/

    たくみの里のふくさん、お早うございます。 >随分端っこまでいらしたものですね すぐ近くまで、車で行きました。 (o*。_。)oペコッ 間人まで仕事で出掛けていたので ネタを求めて ありがとうございます。

返信2011年4月23日 6:00 AM

大きい靴下24/

おはようございます。  まあ これは 難しいですね、 この時代の本を読んでいると 昔私が習ったこととかなり違いあたまがコンガラります。 蘇我が渡来人で大和政権の跡継ぎは聖徳太子 渡来人達に・・・と丹後まで言い伝えがあるんですね、 流石 歴史のある地域ですね、但馬 丹波 出雲 吉備津 大和政権とは別な豪族 タイムトラベルしてみたい

    2011年4月23日 6:15 AM

    藤井24/

    大きい靴下さん、お早うございます。 >あたまがコンガラります まったく分かってなくて 混乱することも無いです ヽ(*^^*)ノ >丹後まで言い伝えがあるんですね はい、たくさんあります。

返信2011年4月23日 8:59 AM

溶射屋24/

京丹後の藤井さん おはようございます。 常に海を見ているんですね。 何か意味があるのかな? 藤井塾の「いいね」・・・今まで全く気が付きませんでした(^^ゞ

    2011年4月23日 9:20 AM

    藤井24/

    溶射屋さん、お早うございます。 >何か意味があるのかな? 漁港で有名な間人なので、 海が荒れないように海を見つめていると思います。 他にも気づいてないことがあります。 facebook内にiPhoneのグループを作ってあります。 分かりますか?

返信2011年4月23日 9:25 AM

木仙人24/

おはようございます 藤井先生 「たいざ」の読み方は知ってましたが 「はしうど」は知りませんでした 勉強になりました ありがとうございます

    2011年4月23日 10:55 AM

    藤井25/

    木仙人さん、こんにちは。 地元でも分からないことが多いです。 こうして、勉強しています (*^-^)

返信2011年4月23日 10:07 AM

伯爵25/

こんばんは いつごろのことでしょうね、物部合戦の数年前なんだろうね

    2011年4月23日 10:53 AM

    藤井25/

    加藤先生、こんにちは。 6世紀末とか 穴穂部間人皇后は、第31代用明天皇の皇后で、587年用明天皇が崩じると、都での蘇我・物部両氏の権力争いを逃れ、当時蘇我氏の領地であったと考えられる丹後に数年滞在した。 その時丹後に上陸した場所が、「大浜の里」と呼ばれた今の「後ケ浜」であったと言われる。 この話に、どの位の信憑性があるかは・・・

返信2011年4月23日 5:47 PM

甲州市学習塾のこばやし24/

こんにちは ブログへのコメントをありがとうございます♪ いつも藤井先生のfacebookやコメントで勉強させていただいております(^^) >間人皇后(はしうどこうごう)・聖徳太子母子像  海を見ているのですね  先日はこの少し北よりの伊根湾めぐりもしてきました♪ これからもどうぞよろしくお願い致します

返信2011年4月23日 9:29 PM

藤井24/

甲州市学習塾のこばやしさん、こんばんは。 >いつも藤井先生のfacebookやコメントで勉強させていただいております 本当ですか? お世辞でも嬉しいです (*^-^) >先日はこの少し北よりの伊根湾めぐりもしてきました♪ 伊根は舟屋で有名です。 こちらこそ、今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です