朔、晦





「朔」サク、ついたち
月の始まりは「月立ち(つきたち)」が転じて「ついたち」と言うため、朔日は「ついたち」と訓読みし、「朔」だけでも「ついたち」。
「晦」カイ(クワイ)・みそか・くらい
その月の末日。漢字では「晦日・晦・三十日」と書きます。



Facebook コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です